他社連携ソリューション

VMware

VMwareは、あらゆる規模のビジネスをIT部門によって活性化する、ビジネスインフラストラクチャー仮想化ソリューションを提供しています。A10 Networksは、ThunderおよびAXシリーズアプリケーションデリバリーコントローラー (ADC) とVMwareの包括的な連携およびソリューションを提供しています。

A10は、グローバルなデータセンターネットワーク経由でVMに接続できるようにすることで、仮想マシン (VM) の高速化、VM管理ソフトウェアとの統合、およびモビリティのサポートを提供しています。

VMwareのパートナー製品カタログエントリーでThunderシリーズ.を参照する

VMware vSphere

VMware vSphere仮想マシンが、コンピューティングおよびネットワークリソースを集中的に使用するタスクをThunderとAXシリーズADCにオフロード

  • 仮想ネットワークの最適化、負荷分散、高速化を実現
  • 仮想化サーバーソフトウェアにネイティブでない機能を補完
  • ネットワークとアプリケーションの処理をロードバランサーにオフロード
  • 必要な仮想マシンの数を削減
  • 必要な物理マシンの数を削減
  • エンドユーザーに対してアプリケーションのパフォーマンスを向上
  • 結果:VMスプロールを低減してユーザーエクスペリエンスを向上

VMware Horizon View(旧製品名:VMware View)

A10 ThunderとAXシリーズを使用した、VMware Horizon View仮想デスクトップインフラストラクチャー (VDI) の高度なサーバー負荷分散ソリューション

  • インフラストラクチャーコストを削減し、ユーザーエクスペリエンスをデスクトップ同様に向上
  • ネットワーク遅延の短縮、ネットワークパフォーマンスの強化、リモートユーザーの生産性向上を実現
  • 冗長化機能により、使用不可のサーバーをプールから自動的に削除
  • VMware HorizonサーバーからSSL処理をオフロードして、VDIバックエンドハードウェアの追加コストを削減
  • 複数のサーバーでユーザー負荷を均等に分散し、必要に応じてバックエンドサーバーを透過的に追加することのできる拡張性
  • DDoS防御、レートリミットによる防御などの強化されたセキュリティ機能を追加コストなしで提供

VMware vCenter

VMware vCenterとaXAPIの統合による、リソースの動的かつ柔軟な割り当て

  • インフラストラクチャーがネットワークの状態に動的に反応
  • 例:オンデマンドで仮想サーバーの生成と削除を自動的に実行
  • vCenterでaXAPIを使用し、必要に応じてThunder/AXロードバランサーの設定を変更
  • アプリケーションサーバーのしきい値をトリガーにしてイベントを設定可能
    • - CPU使用率
    • - メモリー使用量
  • ネットワークの状態に即座に対応
  • 手作業によるエラーを排除
  • 結果:必要に応じてシステム規模を拡大/縮小しながらタスクを自動化

VMware VMotion

VMware VMotionが複数のデータセンター間で仮想マシンを移動。Thunder/AXシリーズのグローバルサービスロードバランシング (GSLB) ソリューションがVMのこれらの変更を検出して、使用可能なサーバーにトラフィックを転送

  • VMware VMotionが、異なるデータセンターのホスト間で仮想マシンを移動
  • GSLBがサーバーの死活監視を実行
  • GSLBが使用可能なサーバーにトラフィックをルーティング
  • 結果:データセンターのフェイルオーバーと仮想マシンの移動を実現
このエントリーをはてなブックマークに追加