他社連携ソリューション

IBM

IBMはミドルウェアソフトウェアで市場シェア第1位の企業です。IBM WebSphereは、市場で提供されているアプリケーション開発および統合ソフトウェアの主要なエンタープライズミドルウェアアプリケーションサーバーの1つです。WebSphereはビジネス統合、アプリケーションとトランザクションのインフラストラクチャー、およびポータルを提供します。1998年から販売されており、オンデマンドビジネスに最適なソフトウェアアプリケーションの1つと見なされています。

A10のThunderとAXシリーズアプリケーションデリバリーコントローラー (ADC) は、IBM WebSphereとの統合をサポートしています。A10 ADCを使用してWebSphere Application Serverの負荷分散を行うと、次の利点が得られます。

  • アプリケーションへのユーザーアクセスに悪影響を及ぼすことなく、IBM WebSphere Webサーバーの冗長化を実現してWebサイトの障害を防止
  • 複数のIBM WebSphere Webサーバーにクライアントトラフィックをシームレスに分散し、サイトのスケーラビリティを向上
  • SSLオフロード、HTTP圧縮、RAMキャッシング、およびコネクションリユースなどを利用して、処理接続数の増強、エンドユーザーに対するレスポンスの向上、WebSphereサーバーのCPU使用率の低減を実現
  • サイトのパフォーマンスとエンドユーザーエクスペリエンスを向上
このエントリーをはてなブックマークに追加