A10 Thunder ADC アプライアンス

A10 Thunder ADC
アプライアンス

用途や規模に合わせて柔軟に導入可能

A10 Thunderシリーズは、あらゆる導入要件に対応できる、ハードウェア/ソフトウェアアプライアンスで構成された製品ファミリーです。Thunderシリーズは、ACOSソフトウェアで動作しており、他社製品にはない、共有メモリーアーキテクチャで処理の正確性、効率性を向上し、64ビットの拡張性、高度なフロー処理を実現します。

 

タイプの選択

Physical

ハードウェアアプライアンス

A10 Thunder ADCのアプライアンス製品ラインはあらゆる規模に対応できるよう、5Gbpsのエントリーモデルから220 Gbpsのハイパフォーマンスモデルまで、幅広いラインナップを揃えています。

Thunder ADC
ハードウェアアプライアンス仕様
Thunder 840 Thunder
930
Thunder 1030S Thunder 3030S Thunder 3230(S) Thunder 3430(S) Thunder 4430(S) Thunder 4440(S) Thunder 5330(S) Thunder 5430(S)-11 Thunder 5440(S) Thunder 5630(S) Thunder 5840(S) Thunder 6430(S) Thunder 6440(S) Thunder 6630(S) Thunder 7440(S) Thunder 4435(S) SPE Thunder 5435(S) SPE Thunder 6435(S) SPE Thunder 6635(S) SPE
アプリケーションスループット (L4/L7) 5 Gbps / 5 Gbps 5 Gbps / 5 Gbps 10 Gbps / 10 Gbps 30 Gbps / 30 Gbps 30 Gbps / 30 Gbps 42 Gbps / 42 Gbps 38 Gbps / 38 Gbps 80 Gbps / 80 Gbps 78 Gbps / 78 Gbps 79 Gbps / 78 Gbps 100 Gbps / 100 Gbps 79 Gbps / 78 Gbps 115 Gbps / 113 Gbps 150 Gbps / 145 Gbps 160 Gbps / 150 Gbps 150 Gbps / 145 Gbps 220 Gbps / 200 Gbps 38 Gbps / 38 Gbps 78 Gbps / 77 Gbps 153 Gbps / 150 Gbps 150 Gbps / 145 Gbps
レイヤー 4 CPS 20万 20万 45万 75万 150万 250万 270万 290万 310万 370万 400万 600万 620万 530万 550万 710万 1,050万 310万 370万 710万 710万
レイヤー 4 HTTP RPS 100万 100万 200万 300万 750万 1,200万 1,200万 1,500万 1,500万 2,000万 2,200万 3,250万 3,100万 3,100万 3,100万 3,800万 4,400万 1,200万 2,200万 3,800万 3,800万
レイヤー 7 CPS (1:1)*1 5万 5万 15万 25万 42万 62万 62万 75万 77万 79万 95万 150万 150万 135万 140万 160万 280万 66万 79万 160万 160万

SSL CPS*4 | *7

RSA(1024ビット): 2000
RSA(2048ビット): 500

RSA(1024ビット): 1,900
RSA(2048ビット): 400

RSA(1024ビット): 25,000
RSA(2048ビット): 7,000

RSA(1024ビット): 47,000
RSA(2048ビット): 14,000

RSA(1024ビット): 54,000
RSA(2048ビット): 52,000

RSA(1024ビット): 77,000
RSA(2048ビット): 75,000

RSA(1024ビット): 86,000
RSA(2048ビット): 84,000

RSA: 70,000
ECDSA: 42,000

RSA: 70,000
ECDSA: 50,000

RSA(1024ビット): 111,000
RSA(2048ビット): 110,000

RSA: 100,000
ECDSA: 60,000

RSA(1024ビット): 180,000
RSA(2048ビット): 174,000

RSA: 150,000
ECDSA: 90,000

RSA(1024ビット): 134,000
RSA(2048ビット): 130,000

RSA(1024ビット): 180,000
RSA(2048ビット): 180,000

RSA(1024ビット): 190,000
RSA(2048ビット): 174,000

RSA(1024ビット): 200,000
RSA(2048ビット): 200,000

RSA(1024ビット): 170,000
RSA(2048ビット): 135,000

RSA(1024ビット): 120,000
RSA(2048ビット): 65,000

RSA(1024ビット): 170,000
RSA(2048ビット): 135,000

RSA(1024ビット): 190,000
RSA(2048ビット): 174,000

DDoS防御 (SYN フラッド) SYN/秒 170万 200万 400万 750万 5,500万 5,500万 5,500万 1億6,600万 1億1,200万 1億1,200万 1億6,600万 1億 1億6,600万 2億2,300万 3億3,200万 2億2,300万 3億3,200万 5,500万 1億1,200万 2億2,300万 2億2,300万
アプリケーションデリバリーパーテーション (ADP) L3V 32 32 32 64 64 127 127 127 127 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023 1,023
ネットワークインターフェイス  
1GEカッパー 5 6 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1GEファイバー (SFP) 0 2 2 2 4 4 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1GE /10GE ファイバー(SFP+) 2 2 2 4 4 4 16 24 8 16 24 24 24 16 48 12 48 16 16 16 12
40GEファイバー (QSFP+) 0 0 0 0 0 0 4 4 0 4 4 4 4 4 4 0 4 0 4 4 0
100GEファイバー (CXP) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 4

 

*1レイヤー7の1秒あたりの接続-1秒以内のHTTPの新規接続数で測定(TCP接続あたり1つのHTTPリクエストで、TCPコネクションリユースは使用しない)
*4 SSLアクセラレーションASICの最大搭載時
*7 RSAでは、特に記載なき場合2048ビットキーの暗号「AES128-SHA256」で測定。ECDSAでは、EC P-256の「ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256」で測定。

 

データシートダウンロード

Software

Software Appliances

vThunder

仮想アプライアンス版であるvThunderは、主要なハイパーバイザー上で動作し最大限の柔軟性を発揮します。大規模なエンタープライズ、サービスプロバイダーおよびWebホスティング事業者などにおいて、高度な機能を柔軟かつ容易に導入可能です。

vThunder ADC for Cloud 仕様 vThunder
ハイパーバイザーのサポート VMware ESXi 4.1 以上
KVM QEMU 1.0 以上(VirtIO, OvS with DPDK, SR-IOV)
Windows Server 2008 R2以上のMicrosoft Hyper-V
ライセンス (スループット) Labo 200 Mbps 1 Gbps 4 Gbps 8 Gbps
VMware ESXi

KVM (SR-IOV)

KVM

Microsoft Hyper-V

+

ハードウェア要件 インストールガイド参照

 

+8Gbps ライセンスは、Microsoft Hyper-V には非推奨

Bare Metal

ハイパフォーマンスなソフトウェアアプライアンスファミリーThunder for Bare Metalは、専用サーバーに関連付けられたADC機能をフルに提供します。ハイパーバイザーの介在がないため、レイヤー7トラフィック処理が最適化されており、最大で40 Gbpsのスループットを実現します。また、vThunder同様にThunder for Bare Metalのインストールは容易に行うことができます。大規模なエンタープライズ、サービスプロバイダーおよびWebホスティング事業者での運用は、Thunder for Bare Metalの持つ柔軟性を最大限活用するのに最適な環境です。

Thunder ADC for Bare Metal 仕様

Bare Metal

システム要件

最小ハードウェア要件:
  • Intel x86ベースの最小コアCPU
  • 16GB RAM
  • ハードディスクの空き容量が80GB以上
  • イーサネットインターフェイスx2 (3つ以上推奨)
  • Intelネットワークアダプター及び igb、ixgbe、i40eなどを含む、ドライバー

基準プラットフォーム

Cisco UCS、Dell PowerEdge、 Ericsson Hyperscale Datacenter System (HDS)、HPE ProLiantなど
ライセンス 10 Gbps (4コア)、20 Gbps (8コア)、40 Gbps (14コア)

 

Hybrid

Thunderハイブリッド仮想アプライアンス(HVA)

Thunder HVAアプライアンスは、仮想アプライアンスの柔軟性とハードウェアによるパフォーマンスを同時に提供することができます。Thunder HVAアプライアンスは、複数のvThunderによるマルチテナント環境を簡単に導入できる専用ハードウェアアプライアンスです。高い集約率で実行されるインスタンスはそれぞれ完全に分割されており、仮想アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)や仮想キャリアグレードネットワーキング(CGN)機能を単一のハードウェア上で独立して利用できます。これにより、設備コストと運用コストを削減しながら、ADC、サーバー負荷分散、セキュリティ、IPv4延命およびIPv6移行機能の新規追加や継続運用が可能です。

THUNDER HVA 製品仕様

Thunder 3030S HVA

Thunder 3530S HVA

スループット*

35 Gbps

100 Gbps

vThunder仮想アプライアンスインスタンス数
(インストール済みのためライセンス不要)

8

40

ネットワークインターフェイス    
1GEカッパー

6

4

1GEファイバー(SFP)

2

2

1GE / 10GEファイバー(SFP+)

4

12

* パフォーマンスは実行する仮想マシンと割り当てられたハードウェアリソースの数量によって異なります。

 

データシートダウンロード

 

Cloud

Cloud-as-a-Service

クラウドに対応したvThunder for Amazon Web Services (AWS) 及びvThunder for Microsoft Azureは、広範にわたる高度なL4-7機能を提供します。vThunderは、物理環境、仮想環境、およびクラウドコンピューティング環境で同じ機能を使用できます。Cloud-as-a-Serviceは、迅速なプロビジョニングとコンピューティングリソースへのオンデマンドなアクセスを最小限の管理作業で実現できます。

 

vThunder for AWS

vThunder for Azure

スループット
  • vThunder for AWSプリインストールライセンス:
    最大500 Mbps
  • vThunder for AWS BYOL(Bring Your Own License)版:
    最大1 Gbps
  • vThunder for Azureプリインストールライセンス:
    最大500 Mbps
  • vThunder for Azure BYOL(Bring Your Own License)版:
    最大500 Mbps
イメージフォーマット

Amazon AMI

Microsoft VHD

ライセンス vThunder for AWS プリインストールライセンス:
  • 10 Mbps
  • 50 Mbps
  • 100 Mbps
  • 200 Mbps
  • 500 Mbps
vThunder for AWS BYOL 版:
  • ラボ/開発者用
  • 200 Mbps
  • 1 Gbps

vThunder for Azure プリインストールライセンス:
  • 10 Mbps
  • 50 Mbps
  • 100 Mbps
  • 200 Mbps
  • 500 Mbps
vThunder for Azure BYOL 版:
  • ラボ/開発者用
  • 200 Mbps
  • 500 Mbps

 

対応モデル一覧

 

Thunder ハードウェア
アプライアンス

Thunder SPE
アプライアンス

Vthunder
 

Thunder ハイブリッド仮想
アプライアンス
(HVA)

製品に関するご質問は

弊社営業担当までお問い合わせください。

お問い合わせ