ハイパフォーマンスセキュリティプラットフォーム

Thunder Convergent Firewall

Thunder CFW は、A10 のAdvanced Core Operating System(ACOS®)プラットフォームをベースに構築された、セキュリティ製品です。Thunder CFW は、サービスプロバイダーやクラウドプロバイダー、エンタープライズ向けに設計された業界初の集約型セキュリティソリューションであり、セキュアWebゲートウェイデータセンターファイアウォールGi/SGi ファイアウォール、サイト間IPsec VPNの機能に対応しています。

Secure Web Gateway Data Center Firewall Gi/SGi Firewall IPSEC Site-to-site VPN Cloud-ready platform chosen by thousands of enterprises and service providers

 

データシートダウンロード

対応モデル一覧 >

 

Thunder CFW
データセンターファイアウォール機能
ビジネスにおけるメリット

データセンターの保護と卓越したパフォーマンスを同時に実現

データセンターの保護と卓越したパフォーマンスを同時に実現

A10のAdvanced Core Operating System(ACOS)で稼働するThunder CFWのデータセンターファイアウォール機能で、脅威からネットワークを保護します。

ハードウェアのコストと運用コストを大幅削減

ハードウェアのコストと運用コストを大幅削減

Thunder CFWのデータセンターファイアウォールは、アプリケーション配信とファイアウォール機能を一台に集約できるため、そのコストだけではなく、接続する機器やケーブルなどのコスト削減が可能です。

マルチテナントとオーケストレーションでアジリティが向上

マルチテナントとオーケストレーションでアジリティが向上

クラウド事業者やサービス事業者は、A10 Harmony™アーキテクチャを活用することによって、RESTful APIに100%対応した完全にプログラム可能なセキュリティを提供できるようになります。アプリケーションデリバリーパーティション(ADP)によるマルチテナント機能もサポートします。

主な機能

高性能なステートフルファイアウォール

高性能なステートフルファイアウォール

ステートフルファイアウォールとALGで、不正アクセスから資産を保護します。

DDoS防御

DDoS防御

ボリューム攻撃とアプリケーションレイヤーへのDDoS攻撃をブロックし、常時アクセス可能なサーバー環境を実現します。

高度なサーバーロードバランシング

高度なサーバーロードバランシング

アプリケーション配信とファイアウォール機能の統合により可用性を最大化し、遅延を抑制します。

Unburden proxy from intensive SSL decryption

データ処理高速化とSSLオフロード

キャッシュ、圧縮、TCP最適化、SSL高速化によって、アプリケーションパフォーマンスが向上します。

マルチテナント

マルチテナント

サービス、アプリケーションまたはテナントごとに個別のポリシーを定義して、データセンターのセキュリティを効率的に拡張します。

柔軟なデータフィルタリング

柔軟なデータフィルタリング

aFleXスクリプティングを活用して、好ましくないコンテンツや悪質なファイルタイプをブロックします。

サイト間IPsec VPNの統合

サイト間IPsec VPNの統合

IPsec VPNを使用してデータセンター間の通信を暗号化し、データの機密性とセキュリティを確保します。

Webアプリケーションファイアウォール

Webアプリケーションファイアウォール

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)などのWeb攻撃を阻止して、データの侵害を回避します。

関連資料
Thunder CFW データシート

製品に関するご質問は

弊社営業担当までお問い合わせください。

お問い合わせ