Thunderシリーズ アプライアンス

Thunder ハードウェアアプライアンス

ThunderシリーズのハードウェアADCアプライアンス製品ラインは、あらゆる規模のネットワークを考慮して、5 Gbpsのエントリーのモデルから220 Gbpsのハイパフォーマンスアプライアンスまで用意されています。高可用性を確保するため、すべてのモデル(*1)は冗長電源やSSD(ソリッドステートドライブ)などの機能を備え、故障しやすい可動部品を全て排除しています。また、すべてのモデルにFTA (Flexible Traffic Acceleration)テクノロジーを採用するほか、ハードウェアのFTA処理を最適化するFPGA(Field Programmable Gate Array)が搭載されたモデルも用意され、拡張性に優れたフローディストリビューションとDDoS防御の機能が提供されます。また、一部のモデルを除いて、SSL処理をオフロードする専用のセキュリティプロセッサーと、高速なネットワーク処理を提供するスイッチング・ルーティングプロセッサーが搭載されています。すべてのアプライアンスでラックユニットあたり業界最高のパフォーマンスが確保され、電源は最高レベルの「80 PLUS™ Platinum」認定を受けているため、環境にやさしく、電力コストも削減できます。1 Gbps、10 Gbps、40 Gbps、100 Gbpsから選択できる高密度ポートにより、Thunder ADCはネットワーク帯域幅に対する厳しい要求にも対応できます。さらに高速なセキュリティおよびポリシー施行をご希望のお客様はThunder SPEアプライアンスをご覧ください。

※Thunder 840 を除く
※スループットは製品ラインにより異なる場合があります
* SSLセキュリティプロセッサーは「Sモデル」にのみ搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加