FLEXPOOLソフトウェアライセンス

すべてのインフラ、すべてのサービスに、無限の可能性を

A10のサブスクリプション型のソフトウェアライセンスモデルFlexPoolは、アプリケーションやマルチクラウド、データセンターなどのあらゆる環境にわたって帯域幅を共有して使用できる新しいかたちのライセンスモデルです。プールされた帯域ライセンスから、必要な帯域幅分のライセンスを柔軟にインスタンス割り当てたり、再配分したりすることができるため、より自由度の高いサービス設計・運用を実現します。

A10 FLEXPOOLの特長

自由度の高い帯域配分

• 事前にプールされた帯域幅ライセンス
• 帯域ライセンスを割り当て・再配分可能
• 任意に設定できるインスタンスサイズ
• いつでも変更可能なインスタンス

高い費用対効果

• オンプレミス・マルチクラウドで利用可能
• オンデマンドで追加できる帯域プール容量
• 需要に応じた効率の良い帯域配分
• 過剰なプロビジョニングの排除

運用の効率化

• ライセンスの集中管理環境
• オールインワンライセンス
• 使用状況のモニタリング機能
• サービス中断なく帯域増減が可能

他社製品比較

 A10他社
プール方式の帯域ライセンスX
インスタンス数無制限X
1Mbps単位の帯域変更X
全機能追加ライセンス不要X
年額ライセンス方式X
ベアメタルインスタンス対応X
10Gbps以上の帯域ライセンス
マルチクラウド対応

FLEX POOLライセンスに対応したA10製品

FlexPoolは、オンプレミスやパブリック・プライベートクラウドなどで動作しているA10の仮想アプライアンス及びベアメタル製品に帯域ライセンスを割り当てることができます。 サポートしているA10製品は以下です。

FlexPoolは、10 Gbps、50 Gbps、100 Gbpsのサブスクリプションライセンスから選択することがでます。10Gbps単位でプールを後から購入して元のプールに追加することにより、プールの帯域サイズを簡単に増やすことができます。各インスタンスの帯域は、 最低帯域25 Mbpsから、1 Mbps単位で細かく追加・再割り当てが可能です。

 

帯域プール

  • 10Gbps、50Gbps、100Gbps

 

年額ライセンスの購入単位

  • 1年、または3年単位のサブスクリプションライセンス

 

全機能標準搭載

  • 追加ライセンスなしで全機能利用可能

FlexPoolとA10のvThunder製品群は、仮想アプライアンス環境からクラウドまで幅広い動作環境をサポートしています。

FLEXPOOLの管理機能:帯域プールの使用状況を集中監視

A10 FlexPoolは、クラウドサービスで提供されている管理コンソールから簡単に帯域プールの使用状況を集中監視することができます。利用中の帯域ライセンスは、コンソールから自由に設定変更することができます。

 

FLEXPOOLで提供される管理機能

  • ・A10のクラウドサービスであるGLM(Global License Manager)を使用してライセンスプールを集中管理できます。
  • ・帯域の利用状況を一元管理できるため、システム全体におけるライセンスの追加時期などを適切に判断できます。
  • ・サービスの使用状況に応じて柔軟に帯域を分配・再割り当てできます。
  • ・リアルタイムに使用状況を監視してライセンスを効率よく使用することができます。
  • ・GLMで課金状況やアカウント毎の操作履歴などの情報を得ることができます。

図:FlexPoolの帯域幅使用率

FlexPoolの帯域幅使用率