機能

DNSアプリケーションファイアウォール

インターネットサービスプロバイダーとDNSサービスプロバイダーで重要なDNSインフラストラクチャーの保護、負荷分散、および可用性を実現するため、ThunderおよびAXシリーズが導入されています。A10 ADCにより、DNSインフラストラクチャーを戦略的な資産として保護し、DNSサーバーリソースを最適化できます。

A10 ADCが提供する主なメリットは、以下のとおりです。

保護対象のサーバーの負荷を軽減(最大70%)
  • 正当なDNSプロトコルトラフィックのみ許可。DNS以外のトラフィックは拒否
  • 急増に対する高性能な保護により、負荷を予測可能
  • リソースを解放することで保護対象のDNSサーバーキャパシティを増やし、負荷の増加に対応
バックエンドサーバーのセキュリティを強化
  • 検査を行うために、不正なトラフィックや無効なトラフィックの検疫(リダイレクト)を最適化
  • DDoS攻撃の場合でもアップタイムを保証(1秒あたり最大5,000万のハードウェアベースのSYNフラッド防御)
DNSインフラストラクチャーの保護と最適化

  • 問題1: 不正および無効なトラフィックがDNSインフラストラクチャーを攻撃
  • 問題2: 分散型DDoS攻撃がDNSインフラストラクチャーで発生
  • 問題3: DNSインフラストラクチャーに対するプレッシャーが増加(成長およびブラウザのプレッシャー)

A10 ADC DNSアプライアンスファイアウォール
  • A10 ADC製品に含まれている
  • DNSサーバーは置き換えずに、既存のサーバーロードバランサーを置き換える
  • 既存のDNSサーバーの前に配置して、拡張および最適化を行う
このエントリーをはてなブックマークに追加