機能

IPv6 移行

CGN

CGN(Carrier Grade NAT)は、NATをユーザー宅内とサービス提供事業者側で多段にすることにより、グローバルIPv4アドレスを複数のユーザーで共有する機能です。この機能を利用することにより、今までユーザー毎に必要だったグローバルIPv4アドレスを節約することが可能となり、既に保有しているグローバルIPv4アドレスでより多くのユーザーにサービスを提供できるようになります。CGNは、ユーザー宅内装置の変更を伴わず、ネットワーク構成の変更を最小限に抑えながら効率良く多くのユーザーを収容することができる有力なIPv4アドレス枯渇対策ソリューションです。

DS-Lite

DS-Lite(Dual Stack Lite)は、ユーザー宅とサービス提供事業者間で形成するIPv6トンネルを経由して、ユーザー宅内のIPv4プライベートアドレストラフィックをサービス提供事業者のIPv6ネットワークで転送し、サービス提供事業者側でIPv4プライベートアドレスをIPv4グローバルアドレスにNATする機能です。DS-Liteは、ユーザー宅側でのNAT処理を行わず、サービス提供事業者側でNATを行います。そのため、LSN同様、ユーザー毎にグローバルIPv4アドレスを割り振る必要がなくなり、既に保有しているグローバルIPv4アドレスを有効利用できるようになります。DS-Liteは、サービス提供事業者のネットワークがIPv6のネットワークであるため、IPv6ネットワーク上でIPv4とIPv6ユーザーを両方収容できるメリットがあります。

NAT64/DNS64

NAT64/DNS64 は、IPv6 のみサポートしているクライアントから、IPv4 サービスへアクセスするための機能です。 NAT64 では、クライアントのIPv6アドレスをIPv4 にNAT することにより、IPv4サーバーへのアクセスを可能にします。この場合に名前解決で使用するDNS64は、IPv6クライアントがIPv4サーバーの名前解決を行う際、IPv4サーバーのアドレスをIPv6 に変換して返す機能です。 NAT64/DNS64 を利用すれば、Thunder/AX シリーズをIPv4 ネットワークとIPv6 ネットワークの境界点に設置するだけで、既存のIPv4 サービスをIPv6 のみサポートしたクライアントにも提供することが可能になります。 サービス事業者は、クライアントやネットワーク、サーバーなどのIPv6 移行を同時に行う必要がなくなるため、柔軟で効率的な設備投資が可能となり、IPv6 移行にかかるコストを抑制することができます。

6rd

6rd(IPv6 rapid deployment)は、IPv6ネイティブネットワークを持たないサー ビス事業者が、迅速にIPv6サービスを開始できるようにする機能です。 ユーザー宅とサービス事業者間で「IPv6 over IPv4トンネリング」を使用すること により、ユーザー宅のIPv6トラフィックを、サービス事業者のIPv4ネットワーク上 でトンネリングさせてIPv6ネットワークに転送することが可能になります。 IPv4でトンネリングされたトラフィックはThunder/AXシリーズで終端され、IPv6ネット ワークに転送されます。6rdは、サービス提供事業者のネットワークがIPv4ネットワークである場合でも、IPv4とIPv6ユーザーの両方を収容できる メリットがあります。

464XLAT

464XLATは、ユーザー宅内のIPv4端末が、IPv6ネットワークを介して接続できるようにするための仕組みです。ユーザーに割り当てられたプライベートIPv4端末は、宅内のCPEでIPv6アドレスに変換され、センター側に設置されたThunder/AXシリーズによってグローバルIPv4アドレスに再変換されます。サービス提供事業者のネットワークがIPv6ネットワークであるため、IPv6ネットワーク上でIPv4とIPv6ユーザーの両方を収容できるメリットがあります。

IPv4⇔IPv6 SLB

IPv4⇔IPv6 SLBは、IPv6クライアントからのリクエストをIPv4サーバーへ、またはIPv4クライアントからのリクエストをIPv6サーバーへ負荷分散することができる機能です。この機能を利用すれば、Thunder/AXシリーズをサーバーの前に導入するだけで、既存IPv4アプリケーションサービスをIPv6クライアントに、また、新規IPv6アプリケーションサービスを既存IPv4クライアントに提供することができるようになります。サービス提供事業者は、IPv4⇔IPv6 SLBを利用することにより、IPv4/IPv6混在環境において、既存の設備を最大限有効活用しながら、IPv6への円滑な移行が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加