最新情報

A10 Forum 2017

A10で進化するセキュアアプリケーションネットワーキング
~今求められるパフォーマンス・セキュリティ・インテリジェンス~

A10 Forum 2017 A10で進化するセキュアアプリケーションネットワーキング ~今求められるパフォーマンス・セキュリティ・インテリジェンス~

開催のご案内

2017年9月5日(火)東京、9月8日(金)大阪にて、A10ネットワークスの最新情報をお伝えする「A10 Forum 2017」を開催します。

アプリケーションサービスを取り巻く環境は、ユーザーの利用方法の多様化に合わせめまぐるしく変化しています。また、サイバー攻撃は大規模化かつ巧妙化し、アプリケーションへの脅威は日々増加し続けています。常に最新のアプリケーション配信環境やサイバー攻撃を理解することは、ハイパフォーマンスでセキュアなアプリケーション環境を最適な方法で提供することにつながります。

今回のA10 Forum では、企業やデータセンター、サービスプロバイダーのアプリケーションサービス担当者や社内ネットワーク担当者にむけ、最新のトレンドや実際の課題、事例を挙げながら、ユーザーにハイパフォーマンスでセキュアなアプリケーションサービスを提供するためにすぐに役立つ方法をご紹介します。

皆様のご来場を心よりお待ちしています。

  • セミナー概要
  • ゲスト講演
  • プログラム
  • ブース展示

セミナー概要

東京:2017 9/5(火)
13:00~18:50 (12:30 受付開始)
大阪:2017 9/8(金)
セミナー:14:00~17:00 (13:30 受付開始)
懇親会:17:15~
主 催 A10ネットワークス株式会社
会 場 【東京】東京コンファレンスセンター・品川 5F 大ホールA+B、Room501
http://www.tokyo-cc.co.jp/access_shinagawa.html
【大阪】コングレコンベンションセンター ルーム7
http://www.congre-cc.jp/access/
定 員 東京:400名
大阪:60名
※定員になった場合、抽選の上参加者を決定させていただきますので予めご了承ください。
※競合企業様及び競合製品取扱い企業様は来場をお断りさせていただきますのでご了承ください。
参加対象者 販売パートナー/システムインテグレーターのご担当者様、企業のインフラ担当/情シス部門ご担当者様
参加費 無料 (事前登録制)

ゲスト講演

※東京会場のみ

14:20-14:50 Hall A

[事例講演]KDDIにおけるDDoS対策
~通信キャリアからみたDDoS攻撃とその対策について~

KDDI株式会社
セキュリティオペレーションセンター
三浦 雄大 氏

16:40-17:10 Hall A

Thunderを使ったクラウドトラフィック最適化事例

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
技術戦略グループ 情報システム室 情報システム部 部長代行
永田 孝哉 氏

弊社では新しいワークスタイルへの柔軟な対応を目指し、昨年度クラウド型ファイル共有サービスであるBoxを社内導入しました。その際に懸念事項であったインターネット向けトラフィック増加問題を、Thunderを使って最適化している活用例をご紹介致します。

17:20-17:50 Hall A

入れるだけでは終わらないOffice365

日本電気株式会社
ビジネスクリエイション本部
齊木 崇 氏

NECでのOffice365導入実績に基づき、運用開始後に発生する課題についてご説明します。
また、Office365以外のPCログの見える化を実現し、働き方改革の一助となるソリューションをご紹介致します。

16:40-17:10 Hall B

10大脅威から組織を守る!A10×SCSK トータル セキュアゲートウェイ ソリューション

SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部ネットワークセキュリティ部営業第五課 課長
小平 洋希 氏

インターネットへの接続が必須となった今、皆様の組織は日々様々な脅威に晒されており、多角的、多層的な対策が求められています。本講演ではA10 SSLインサイト機能を中心に、各種セキュリティソリューションを組み合わせたトータルセキュリティ対策を、事例を交えてご紹介します。

15:00-15:25 Room 501

AIアンチウイルスCylancePROTECT®による予測防御
〜製品紹介と本物のマルウェアを使ったライブデモンストレーション〜

Cylance Japan株式会社
最高技術責任者
乙部 幸一朗 氏

機械学習の技術を活用した推論判定のアプローチによって新種や未知のマルウェアを検知するCylancePROTECTとその仕組みを技術解説します。またセッション内では本物のマルウェア検体を利用して、AIアンチウイルスCylancePROTECTが脅威を検知する様子もライブデモンストレーションでご紹介します。

本セッションは、Cylance Japan株式会社の競合企業の聴講はお断りしております。ご了承ください。

[東京会場] 15:30-15:55  Room501 / [大阪会場] 16:30-17:00

「標的型攻撃を、標的にする。」
~9/19にバージョンアップ予定の「i-FILTER」&「m-FILTER」が標的型攻撃に終止符を打ちます~

デジタルアーツ株式会社
マーケティング部i-FILTER課 課長
遠藤 宗正 氏

クライアント端末を対象とする標的型攻撃は、Webとメールを主な感染経路&データ窃取の手段としています。「i-FILTER」と「m‐FILTER」の最新版をセットで導入いただくことで、業務で利用不可欠なWebとメールの攻撃を確実に防ぎます。

プログラム

東京会場 9/5(火)

Hall A

時間内容
12:30受付開始
13:00-13:10ご挨拶
A10ネットワークス株式会社
日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント 兼務
川口 亨
13:10-13:40A10 Corporate Update & Vision(逐次通訳あり)
A10 Networks, Inc.
Founder & CEO
Lee Chen
13:40-13:50休憩
13:50-14:20[ゲスト講演](調整中)
14:20-14:50[事例講演]KDDIにおけるDDoS対策
~通信キャリアからみたDDoS攻撃とその対策について~

KDDI株式会社
セキュリティオペレーションセンター
三浦 雄大 氏
14:50-16:00休憩
16:00-16:30[事例講演](調整中)
16:30-16:40休憩
16:40-17:10[事例講演] Thunderを使ったクラウドトラフィック最適化事例
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
技術戦略グループ 情報システム室 情報システム部 部長代行
永田 孝哉 氏

弊社では新しいワークスタイルへの柔軟な対応を目指し、昨年度クラウド型ファイル共有サービスであるBoxを社内導入しました。その際に懸念事項であったインターネット向けトラフィック増加問題を、Thunderを使って最適化している活用例をご紹介致します。
17:10-17:20休憩
17:20-17:50入れるだけでは終わらないOffice365
日本電気株式会社
ビジネスクリエイション本部
齊木 崇 氏

NECでのOffice365導入実績に基づき、運用開始後に発生する課題についてご説明します。
また、Office365以外のPCログの見える化を実現し、働き方改革の一助となるソリューションをご紹介致します。

Hall B

時間内容
16:00-16:30『Crime as a Service』時代に必要なセキュリティ対策
  『攻撃前』『攻撃時』『攻撃後』の3つの観点から対策を考える。

A10ネットワークス株式会社
ビジネス開発本部 ビジネスソリューション開発部
セキュリティビジネスディベロップメント&アライアンスビジネスマネージャ 公認情報システム監査人(CISA) Certfied Information System Security Professional (CISSP) GIAC Certifed Intrusion Analyst (GCIA)
四柳 勝利

サイバー攻撃の分業化により攻撃者は効率的に高度な攻撃が実行できる環境を容易に手にいれることができます。企業ビジネスを支えるアプリケーションやインフラも新しい技術の採用に伴い進化するなか、脆弱性の報告も日々増しております。そのような環境において、企業が有効な対策を講じるために不可欠な3つの観点からA10のセキュリティソリューションをご紹介します。
16:30-16:40休憩
16:40-17:1010大脅威から組織を守る!A10×SCSK トータル セキュアゲートウェイ ソリューション
SCSK株式会社
ITプロダクト&サービス事業本部ネットワークセキュリティ部営業第五課 課長
小平 洋希 氏

インターネットへの接続が必須となった今、皆様の組織は日々様々な脅威に晒されており、多角的、多層的な対策が求められています。本講演ではA10 SSLインサイト機能を中心に、各種セキュリティソリューションを組み合わせたトータルセキュリティ対策を、事例を交えてご紹介します。
17:10-17:20休憩
17:20-17:50[事例講演] (仮) PFS(ATS)対応でパフォーマンスが大幅低下!?サービスの品質を保つために必要な対策とは? 事例紹介: DMM.comラボ様
株式会社DMM.comラボ
A10ネットワークス株式会社
技術本部 SE部 シニアシステムエンジニア
甲野 謙一

Room 501

時間内容
15:00-15:25AIアンチウイルスCylancePROTECT®による予測防御
〜製品紹介と本物のマルウェアを使ったライブデモンストレーション〜

Cylance Japan株式会社
最高技術責任者
乙部 幸一朗 氏

機械学習の技術を活用した推論判定のアプローチによって新種や未知のマルウェアを検知するCylancePROTECTとその仕組みを技術解説します。またセッション内では本物のマルウェア検体を利用して、AIアンチウイルスCylancePROTECTが脅威を検知する様子もライブデモンストレーションでご紹介します。

本セッションは、Cylance Japan株式会社の競合企業の聴講はお断りしております。ご了承ください。

15:25-15:30休憩
15:30-15:55「標的型攻撃を、標的にする。」
~9/19にバージョンアップ予定の「i-FILTER」&「m-FILTER」が標的型攻撃に終止符を打ちます~

デジタルアーツ株式会社
マーケティング部i-FILTER課 課長
遠藤 宗正 氏

クライアント端末を対象とする標的型攻撃は、Webとメールを主な感染経路&データ窃取の手段としています。「i-FILTER」と「m‐FILTER」の最新版をセットで導入いただくことで、業務で利用不可欠なWebとメールの攻撃を確実に防ぎます。
15:55-16:00休憩
16:00-16:30多様なサービスを迅速に提供。A10のNFVソリューション
A10ネットワークス株式会社
ビジネスソリューション開発部
ソリューションアーキテクト
石塚 健太郎

通信サービスの向上と迅速なサービス提供を目指し、共通プラットフォーム上で多様なネットワーク機能の提供を可能にするNFV。
このセッションでは、A10ネットワークスのNFVソリューションと運用の自動化について紹介します。
16:30-16:40休憩
16:40-17:10オンプレ&マルチクラウド利用の運用課題を解決するA10のソリューション
A10ネットワークス株式会社
技術本部 SE部 シニアシステムエンジニア
須賀 雅也

クラウド利用の普及が進む昨今、クラウドへの移行段階時やオンプレとマルチクラウドを併用する場合、管理対象の拠点が複数になるため、運用管理の効率化が大きな課題となります。このセッションではこの課題を解決するA10の製品、Harmony Controllerと今後実装予定のソリューションをご紹介します。
17:10-17:20休憩
17:20-17:50進化し続けるA10最新製品のご紹介
A10ネットワークス株式会社
ビジネス開発本部 マーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャ
菊川 悠一

マルチクラウド化が進みさまざまな環境で構築されるサービスは、より効率良く、迅速に利益を生み出すサービス提供が求められています。また新たなセキュリティの課題は日々増加しており、これらにいち早く対応したソリューションが必要になります。本セッションでは、A10の最新の製品情報を、スペックを含めて深掘りした内容をご紹介します。

協賛パートナー展示コーナーは、12:00~16:35の間、ご覧いただけます。
プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

大阪会場 9/8(金)

ルーム 7

時間内容
13:30-14:00受付開始
14:00-14:10ご挨拶
A10ネットワークス株式会社
日本法人代表 兼 社長 米国本社バイスプレジデント 兼務
川口 亨
14:10-14:40マルチクラウドで提供するセキュアなアプリケーションサービス
 - さらに進化したA10の最新ソリューションをご紹介 -

A10ネットワークス株式会社
ビジネス開発本部 本部長 兼 エバンジェリスト
高木 真吾

マルチクラウド化が進むアプリケーション環境では、より効率良く、迅速に利益を生み出すサービス提供が求められています。また新たなセキュリティの課題は日々増加しており、これらにいち早く対応したソリューションが必要になります。本セッションでは、A10が提供している最新のソリューションがどのようにこれらの課題に対応するのかをご紹介します。
14:40-14:50休憩
14:50-15:20オンプレ&マルチクラウド利用の運用課題を解決するA10のソリューション
A10ネットワークス株式会社
ビジネスソリューション開発部 ソリューションアーキテクト
石塚 健太郎

クラウド利用の普及が進む昨今、クラウドへの移行段階時やオンプレとマルチクラウドを併用する場合、管理対象の拠点が複数になるため、運用管理の効率化が大きな課題となります。このセッションではこの課題を解決するA10の製品、Harmony Controllerと今後実装予定のソリューションをご紹介します。
15:20-15:50『Crime as a Service』時代に必要なセキュリティ対策
  『攻撃前』『攻撃時』『攻撃後』の3つの観点から対策を考える。

A10ネットワークス株式会社
ビジネス開発本部 ビジネスソリューション開発部
セキュリティビジネスディベロップメント&アライアンスビジネスマネージャ 公認情報システム監査人(CISA) Certfied Information System Security Professional (CISSP) GIAC Certifed Intrusion Analyst (GCIA)
四柳 勝利

サイバー攻撃の分業化により攻撃者は効率的に高度な攻撃が実行できる環境を容易に手にいれることができます。企業ビジネスを支えるアプリケーションやインフラも新しい技術の採用に伴い進化するなか、脆弱性の報告も日々増しております。そのような環境において、企業が有効な対策を講じるために不可欠な3つの観点からA10のセキュリティソリューションをご紹介します。
15:50-16:00休憩
16:00-16:30Office 365、G Suite導入時の思わぬ盲点 ~ 失敗しないクラウドサービス導入/運用法
A10ネットワークス株式会社
ビジネス開発本部 マーケティング部 プロダクトマーケティングマネージャ
菊川 悠一

Office 365、G Suiteなどのクラウドサービスは企業に様々なメリットをもたらす一方、その特性によりクラウドアプリケーションおよび社内ネットワークのパフォーマンス低下を引き起こす場合があります。本セッションではクラウドサービスを導入する際に発生しうるネットワークやセキュリティ上の課題を解説し、A10の最新ソリューションによる対策をご紹介します。
16:30-17:00「標的型攻撃を、標的にする。」
~9/19にバージョンアップ予定の「i-FILTER」&「m-FILTER」が標的型攻撃に終止符を打ちます~

デジタルアーツ株式会社
マーケティング部i-FILTER課 課長
遠藤 宗正

クライアント端末を対象とする標的型攻撃は、Webとメールを主な感染経路&データ窃取の手段としています。「i-FILTER」と「m‐FILTER」の最新版をセットで導入いただくことで、業務で利用不可欠なWebとメールの攻撃を確実に防ぎます。
17:00-17:15休憩
17:15-18:15懇親会

プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

ブース展示

展示コーナー

セミナー会場前ホワイエにて協賛パートナーによるブース展示を実施します。
A10ネットワークスからは、Thunderシリーズの最新モデルの実機展示や新機能のデモンストレーションなどを行います。
協賛パートナーの展示は東京会場のみになります。

ミニシアター

ホワイエ内ステージにて、ミニセッションを実施します。

15:10-15:25

GUIの新機能!簡単にSSLインサイトを構築〜App Centric Templateデモ

A10ネットワークス株式会社
技術本部 SE部 シニアシステムエンジニア
小山 敬夫

A10 ACOS GUIの新しい設定/管理画面、App Centric Templateのご紹介とデモを披露します。ウィザード形式で複雑なコンフィグレーションを簡単に設定でき、Dashbordによってリアルタイムでトラフィックの可視化を行います。デモではSSLインサイトの設定を実演します。

協賛パートナー

A10 Forum 2017は、ご覧の各パートナー様、メディア様に協賛いただいています。(50音順)

パートナースポンサー
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
SCSK株式会社
日本電気株式会社
三井情報株式会社
メディアスポンサー
IT Leaders
アットマーク・アイティ
クラウドWatch
クラウド&データセンター完全ガイド
週刊BCN+
マイナビ ニュース
このエントリーをはてなブックマークに追加