ACOS:

A10は設立以来、アプリケーション・サービスの進化と共に成長してきました。アプリケーション配信には柔軟性やアジリティ、セキュリティが必要です。ネットワーク上におけるニーズ、例えば、Software-Definedへの対応やオープンソース、クラウドへの対応を検討する上で、これらはますます重要になっています。

A10は、シンプルな設計でありながら、高効率でパワフルなACOS(Advanced Core Operating System)プラットフォームを開発し、毎年製品モデルを拡充し続けてきました。ACOSは長期的な使用を視野に入れて開発されており、ITにおける新しいトレンドが出現したとき、アプリケーションの配信と保護において必要とされるアジリティと効率性を常に提供しています。A10のオープンAPIを活用することにより、A10製品はあらゆるネットワーク環境と連携が可能になります。クラウドへの移行状況にかかわらず、ACOSはアプリケーションに最適なプラットフォームとして、将来に渡ってお使いいただけます。

柔軟であること。

異なるクラウドのニーズや要件に対応

  • 柔軟な提供形態

    物理アプライアンス、仮想アプライアンス、ベアメタル

  • 柔軟な導入形態

    オンプレミス / クラウド

  • 柔軟なライセンスモデル

    パーペチャル、サブスクリプション、従量課金ライセンスモデル

Cloud Ready Graphic

パワフルであること。

クラウドで高速化を実現

Cloud Ready Graphic
  • 驚異的なスピードでアプリケーションを配信

  • 大規模な脅威防止

  • 省スペース

セキュアであること。

クラウドで強力なセキュリティを実現

  • 脅威や攻撃をインテリジェントに検出

  • 侵入前にブロック

  • 継続的なアップデートによりプロアクティブに防御

Cloud Ready Graphic
Cloud Ready Graphic

運用性に優れていること。

クラウドにもクラウド以外にも対応

  • すべてのサービスで共通のプラットフォーム

    物理アプライアンス、仮想アプライアンス、ベアメタル

  • 共通の運用インターフェイス

    オンプレミス / クラウド

  • 効果的な運用

    パーペチャル、サブスクリプション、従量課金ライセンスモデル

製品に関するご質問は

弊社営業担当まで
お問い合わせください。

お問い合わせ