Office 365/G Suite使用時の
ネットワークおよびプロキシ負荷軽減

- セッション数増加でネットワークが重くなる!?

簡単スタートアップ資料ダウンロード

Office 365/G Suiteなどのクラウドサービス導入後の課題

Office 365や、G Suite、Boxなどのクラウドサービス導入によってインターネット宛のトラフィックが増加し、以下のような課題が発生します。

セッション増によるプロキシの処理限界
Office 365では、ユーザーあたりの同時セッション数が増加し、プロキシの負荷が増大することにより処理が重い状態になります。G Suite、Boxなども同様にプロキシのパフォーマンスが低下します。

高額なプロキシ増額コスト
セッション増加に対応するためのプロキシを増設した場合、投資額が高額になります。

トラフィック増によるインターネット回線負荷増大
これまで社内ネットワーク内で行われていた通信がインターネット上のクラウドサービスとの間で行われるようになり、通信量が増大します。

個人アカウントの利用制限ができない
法人アカウントのみの利用に統一したいが、個人アカウントの利用を制限できない問題があります。

Office 365向け通信の宛先を定期的にチェックしなければならない
Office365ドメイン情報は1か月あたり数回の更新があり、手動で更新する場合運用負荷が増大します。

Office 365の負荷対策を実現する
 A10のクラウドプロキシソリューション!!

A10 Thunderシリーズが提供するクラウドプロキシ機能を導入するだけで、プロキシの負荷を軽減してネットワークを高速化することができます。

プロキシをバイパスして処理負荷を軽減
Office 365ドメイン宛ての通信を識別して直接インターネットへ転送し、それ以外の通常通信を既存プロキシに振り分けることにより、処理が重くなるプロキシをバイパスできます。既存プロキシを負荷分散しながら利用することもできるため、投資を無駄にせず、さらにパフォーマンスを上げることができます。

プロキシ増設コストを削減
コストパフォーマンスの高いA10 Thunderシリーズのクラウドプロキシは、単純なプロキシの増設コストの約1/20で導入することができます。

Express Routeを活用して高速なOffice 365サービスを実現
クラウドプロキシがOffice 365のトラフィックをExpress Routeに自動的に振り分けることにより、Office 365を高速化できます。

個人アカウントでの利用を制限可能
A10のSSLインサイト(SSL可視化)機能と組み合わせ、法人を識別するための情報を付加することにより、個人アカウントでの利用を制限し、法人アカウントのみの利用に統一することができます。Office 365の他、Gmail、Boxなどの他のクラウドサービスもクラウドプロキシで個人アカウントの制御が可能です。

Office 365向けドメイン/IP情報を自動更新
A10が提供するAPIやA10の販売パートナーによる自動更新サービスを利用することにより、振り分けに必要な設定更新を完全に自動化することができます。

豊富なログ機能
プロキシとしてのログだけではなくHTTPアクセスログも出力することが可能です。また、発信元と発信先情報にもとづいてアクセスを許可/不許可することができるため、許可していない通信を行った場合にもログを出力することが可能です。

Skype for Businessの振り分けが可能
A10 ThunderはWebトラフィックに加え、 Skype for Businessなどの音声、ストリーミングトラフィックの振り分けが可能です。

A10 Thunderシリーズのメリット

  • 圧倒的なコストパフォーマンス
  • Office 365個人アカウントの利用制限が可能
  • 豊富なログ機能
  • Skype for Businessの振り分けが可能
  • Office 365 トラフィックの帯域制御が可能
  • プロキシの負荷分散が可能
  • ファイアーウォール機能を内蔵(*)
  • SSL可視化が可能(*)

*Thunder CFWでのみ利用可能

他社製品比較

A10は、柔軟な構成と優れた運用性、セキュリティ機能などの様々な付加価値をオールインワンで提供します。

機能 A10 他社製品 備考
明示/透過プロキシとして動作 他社は透過プロキシが不可
柔軟なネットワーク構成 ThunderはL2/3構成可、転送時送信元IPをNATする/しないの選択等、既存環境に合わせて柔軟に対応
パフォーマンス  
テナント制限
(個人/他社アカウントの利用制限)
A10はビルトインの機能で可能。他社は追加ライセンス、スクリプトが必須
ICAPによる外部サーバ(URLF、AV)との連携 A10はICAPクライアントとして動作可
社内情報の隠匿 A10は任意のHTTPヘッダ(Referer:社内Hostなど)を削除可
LLB (回線負荷分散) A10は追加ライセンス不要。他社は一台では実現不可、または別途ライセンス必要
GSLB(広域負荷分散) A10は追加ライセンス不要。他社はライセンス必要
FW機能 A10 Thunder CFWシリーズで対応。他社はライセンス必要
URLフィルタリング機能 日本語サイトを含む、83のWebカテゴリーによるフィルタリングが可能
IPレピュテーション機能 ブラックリスト化された3,100万以上の脅威IP情報を元に不正通信を遮断
マルウェア対策 × A10はCylance社のマルウェア対策エンジンで対応可(実装予定)
Office 365ドメイン自動更新 A10 Thunder内部/外部による自動化ソリューションを用意
運用性(ビルトイン機能での設定) × A10は基本的な機能は全てビルトインの機能で対応でき、CLI/GUI/APIによる運用が可
他社は追加ライセンス、スクリプトが必須
実績 A10は15万ユーザ等大規模から中規模まで豊富な実績
A10ネットワークス


© A10 Networks. All rights reserved.

Contact

TEL: 03-5777-1995
MAIL: こちらから