ヤフー株式会社

AX シリーズの導入でピークに耐える十分な性能と省スペース、省電力を実現した「Yahoo! JAPAN」

ヤフー株式会社×A10networks

1996年、インターネット上で情報検索サービスを提供することを目的に設立されたヤフー株式会社。「何をするにも、いつもそこにYahoo! JAPAN」という企業理念に基づき、生活をより豊に、便利に、価値あるものへと導くための「ライフ・エンジン」を目指しています。このYahoo! JAPANのサービスを支えるネットワークインフラを強化するために、A10ネットワークスのAXシリーズが採用されました。

ヤフー株式会社イメージ画像 ヤフー株式会社イメージ画像

課題:ロードバランサがピーク時の負荷に耐えられない状況に

スマートフォンイメージ

ヤフー株式会社(以下、ヤフー)は、インターネットの情報検索サービス「Yahoo! JAPAN」を運営し、ショッピング、ニュースなど、150種類以上のサービス(2011年11月末現在)を提供しています。アクティブユーザ数は2576万ユーザで、月間総ページビューは521億6000万PV(2011年9月末現在)に達しており、システムの故障や障害の発生によるサイトの停止や、急激なアクセス数の増加による性能の低下は、会社の売上や株価に直結する可能性があります。そのため常に高速で、安定したネットワークインフラを維持し続けることが求められます。
 しかし、PCはもちろん、携帯電話やスマートフォンからのアクセス数の増加もあり、ロードバランサがピーク時の負荷に耐えられなくなる可能性があるという課題を抱えていました。オペレーション統括本部 運用技術本部 インフラ技術1部 NW1リーダーの高澤信宏氏は、次のように話します。
「Yahoo! JAPANに限らず、現在のインターネット環境では、動画を利用したサービスが増えています。そのため、特にスポーツイベントなどがある場合には、コネクション数やリロード回数の増加につながっています。1日の中では、やはり昼休み中のアクセスが多く、ネットワークに負荷がかかっています」
 ヤフーでは、これまでに発生したトラフィックの最大値や過去最高のコネクション数を記録しておき、ネットワーク環境は、この数値に基づいてピークに十分耐えられる性能を常に確保できるよう設計しています。
 高澤氏は、「今後のトラフィック増に対応するために、高スペックなウェブサーバやアプリケーションサーバの導入を進めていました。それに伴い、パフォーマンスの優れたロードバランサの導入が必要になっていました」と話しています。

検証:アーキテクチャを高く評価してAX シリーズを導入

アーキテクスチャイメージ

ヤフーでは、2008年夏ごろから新しいロードバランサの導入に向けた検討を開始。いくつかの製品を比較検討した結果、A10ネットワークスの「AXシリーズ」導入を決定します。
2009年11月にAXシリーズの導入作業をスタートし、2010年1月よりAXの本格的な運用を開始しました。
 また2010年夏ごろには、更に高いスケーラビリティを実現した64ビット製品を導入。

高澤氏は、「サーバ環境はどんどん64ビット対応になるので、ネットワーク環境も64ビット対応を、と考えていました。AXの64ビットプラットフォームは高い可能性を持った製品だと思います。今後も常に新しい技術を試してみたいと思っています」と話します。
さらにサービスインフラのディザスタリカバリ用途としてAXのGSLB(Global Server Load Balancing)機能が使用されています。また、社内システムが動作するネットワーク環境では、Exchangeサーバやその他の業務システムと連携してAXが動作しています。1年以上の評価期間をとってAXシリーズの採用を決めた理由を、オペレーション統括本部 運用技術本部 インフラ技術1部NW1の恒川幸氏は、次のように語ります。
「まずテスト環境でロードバランサに必要な基本的な機能の検証を実施しましたが、AXシリーズの機能は十分満足いくものでした。さらに、運用に必要なヤフー独自の機能を追加開発してもらいましたが、この時の販売パートナーとA10の連携もよく、迅速かつ柔軟に対応してもらえました。その後、本番環境で検証を行い、問題がないことを確認して本番稼働しています。設定に関しても、直感的に使えるインタフェースが提供されているので、特に大きな問題もなく導入できました」

効果:高性能、省スペース、省電力がAX シリーズを導入した最大の効果

AXシリーズを導入した効果を高澤氏は、「CPUへの負荷をまったく気にしなくていいことです。初期導入したAXでは、ある程度のピーク時の性能を確認できましたが、64ビットのAXはまだ本気の性能を見せたことがありません」と話し、恒川氏は「省スペース、省電力であることもその1つです。データセンタの設置スペースも電力消費量も明らかに低減しています」と語っています。

ネットワーク構成図イメージ画像
GSLBイメージ画像

さらに高澤氏は、「ロードバランサには、さまざまな機能が搭載されており、必要な機能をすぐに使いたいことがあります。このとき他社製品では、使いたい機能が別ライセンスのためにすぐに使えないことがあります。AXシリーズは、すべての機能が導入時のライセンスに含まれているので、使いたいときにすぐに使えるのが非常に便利です」と話します。
 今後の展望について「社内のトラフィックの流れが変化している印象があります」と語る高澤氏。「そろそろ、次の段階のネットワーク構成も考えていかなければならない段階に来ているかもしれませんが、AXシリーズには今後も期待しています」

ヤフー株式会社 高澤氏
A10ネットワークス 谷田部氏
Yahoo/a10について

対談:IPv6や仮想化の本格実装をサポートするソリューション

日本最大級の情報検索サービスを展開するヤフー株式会社と革新的なアプリケーション配信を提供するA10ネットワークス株式会社。ネットワーク分野において、注目度の高い「仮想化」「IPv6」「GSLB」に対する取り組みや今後の期待について、ヤフーの恒川幸さんとA10の天田賢が語ります。

対談

注目が集まるネットワークの仮想化

構成図

天田 「ネットワークの仮想化が浸透しはじめていますが、仮想化の推進についてお聞かせください。」

恒川 「ネットワークの仮想化は構成が複雑になるなど、サーバの仮想化に比べてハードルが少し高い面がありますが、有効な技術だと思います。」

天田 「A10は仮想化技術の一つとして、ADP(Application Delivery Partition)という複数構成を1台に集約可能にする技術を提供していますが、ヤフー様のご予定は如何ですか?」

恒川 「ネットワークの仮想化にはもちろん興味があります。現状ではアグレッシブに導入できる体制が整っていないだけです。ただし、ADPを利用しながらDSR(Direct Server Return)とインラインといった異なる構成を仮想化によって一台に集約するシステムを実現したいと思っています。」

IPv4とIPv6の相互運用性を実現

天田 「すでにIPv6を利用されているそうですが、IPv6のトラフィックは増加していますか?」

恒川 「会社の戦略上、あまり詳しくはお話しできないのですが、IPv4も、IPv6も、同様に対応しています。IPv6はアドレスがやや読みにくい程度で、特に抵抗感はありません。IPv6 L3 DSRも導入していく予定ですが、特にIPv6 GSLBに関して積極的に対応していく計画です。
 同時にIPv6や仮想化に対する検証も実施しています。その結果、IPv6も仮想化もまったく問題なくAXシリーズで利用できる確証を得られました。IPv6や仮想化の本格的な実装に向け、安心感が増しました。」

GSLBで複数拠点のDRを構築

天田 「GSLBによるディザスタリカバリ(DR)で、ダウンタイムを軽減させる計画だとお聞きしました。今後の事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)に対する考えをお聞かせください。」

恒川 「GSLBを利用したDRは、すでに複数拠点で構築しており、稼働しています。サービスの停止は、ビジネスの損失に直結してしまうので、データセンタの冗長化構成など、今後も積極的に推進していきたいと思っています。」

天田 「東京からのアクセスは東京のサーバに、大阪からのアクセスは大阪のサーバにと、利用状況やロケーションを考慮して最適なサイトに振り分けることで、より高品質なサービスを実現することもできます。」

恒川 「今すぐに実現とはいきませんが、将来的に導入するための準備はしています。今後のA10のサポートにも大いに期待しています。」

天田 「ありがとうございました。これからも、お役に立てるソリューションを、提供していきたいと思っております。今後ともよろしくお願いします。」

AX シリーズについて

A10 ネットワークスのAX シリーズは、業界最高のプライスパフォーマンスを提供する次世代のアプリケーションネットワーキングプラットフォームです。 ハイパフォーマンスで拡張性の高いWeb アプリケーションデリバリーサービスを構成し、アプリケーションの可用性を最大化することによって企業やISP のビジネスをサポートします。 AX の Advanced Core Operating System(ACOS)アーキテクチャは、Scalable Symmetrical Multi-Processing (SSMP)テクノロジを搭載する革新的なOS であり、数々の賞を受賞しています。 設計段階から最適化されたマルチCPU アーキテクチャを持つACOS は、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れています。 詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
http://www.a10networks.co.jp/

ダウンロード

こちらより本事例の資料がダウンロード可能です。
PDFをダウンロードする

導入事例ビデオ

導入事例ビデオ:Yahoo! JAPAN
導入事例ビデオ:Yahoo! JAPAN
国内最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を支えるA10 Thunder ADC

関連製品

アプリケーション配信 AXシリーズ

AXシリーズは、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れている製品で、規模やシステムに合わせて、豊富なモデルからお選びいただけます。

グローバルサーバーロードバランシング (GSLB)

グローバルサーバーロードバランシング (GSLB:広域負荷分散) は、障害時復旧機能と、最適なサイトを選択することのできる高度にインテリジェントなトラフィック転送機能を備えていることから、広く使用されています。A10のGSLB機能は、すべてのThunderとAXシリーズアプリケーション配信コントローラーおよびロードバランサー製品で使用可能です。A10 GSLBのメリットには、柔軟なオプション、シームレスな実装、および卓越した価値が含まれます。

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングおよびセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

A10 Networks、A10 Harmony、A10ロゴ、A10 Lightning、A10 Thunder、aCloud、ACOS、ACOS Policy Engine、Affinity、aFleX、aFlow、aGalaxy、aVCS、aXAPI、IDaccess、IDsentrie、IP-to-ID、SSL Insight、Thunder、Thunder TPS、UASG、および vThunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問合わせ

A10 ネットワークス
ビジネス開発本部 マーケティング部
03-5777-1995
jinfo@a10networks.com

このエントリーをはてなブックマークに追加