株式会社リンク

AXシリーズを使いハイパフォーマンスなホスティングサービスを提供

多様化するニーズに応えながらホスティング、クラウドサービスを1996 年のサービス開始以来提供してきたat+link(エーティーリンク)。のべ2 万台の運用実績を持っており、そのサービスは低価格ホスティングでは物足りない、しかし過剰な投資はしたくないという多くのユーザに支持されてきました。利用料金の低さを求めるユーザがいる一方で、高いパフォーマンスが求められるサービスもあります。そうしたサービスで、システム全体のパフォーマンスを高めるために選ばれているのが、A10 ネットワークスのAXシリーズです。

株式会社リンクイメージ画像

株式会社リンク

AXシリーズは、上位キャリアであるIDCフロンティアからも推奨された製品でした。
低価格ながらもパフォーマンス、運用性、サポート力のいずれも高く、納得の選択でした。

課題:パフォーマンスが求められるゲーム業界、キャリア向けサービス

株式会社リンクはat+link ブランドで、ホスティングやクラウドサービスを提供しています。
ビジネスの中心はマネージドホスティングですが、個別の業界や企業に向けて作り込んだ プラットフォームも提供。at+link アプリプラットフォームと呼ばれるそのサービスの中でも、 特にパフォーマンスへの要求が厳しいのが、ゲーム向けプラットフォームとキャリア向けプ ラットフォームだと、中島弘基氏は語ります。

「たとえばオンラインゲームでは、サーバーのレスポンスが、快適なゲームの必須条件になっ ています。プラットフォームの構築においてもパフォーマンスが大きな要件になっており、 サーバー機器、ネットワーク機器、ストレージ等すべてにおいてハイパフォーマンスな製品 を組み合わせて構築されています」

当然、組み合わされるロードバランサーにも高いパフォーマンスが求められました。しかも、 サービスとして利用者に安心して使ってもらえるよう、信頼性や実績が認められており、低 コストな機器が必要でした。

検証:パフォーマンス、コスト、サポートのバランスの良さを評価

ベンダー5社の製品にオープンソースのロードバランサーまで視野に入れた製品選定が行 なわれ、パフォーマンス、コスト、運用性などあらゆる面から検討が加えられました。その 結果選ばれたのは、A10ネットワークスのAXシリーズです。

「最も大きな決め手となったのは、やはりパフォーマンスです。AX シリーズは、スループット、 同時コネクション数ともに高い性能を持っています。実績も多く、それでいて低コストで導 入できるのは非常に魅力的でした」

選定の決め手について、滝村享嗣氏はそう振り返ります。パフォーマンスという点ではオー プンソースのロードバランサーも十分な結果を残しましたが、サポート体制の整っていない ものをサービスには採用できなかったと滝村氏は説明しました。

「サービスとして提供するプラットフォームに採用するので、サポー トの質やスピードは大切です。A10 ネットワークスは国内にサポー トエンジニアを多数擁しており、そうした際のレスポンスも早いの で安心してサービスに採用できますね」

導入効果:SSLやL7処理などAXの活用をさらに深めることで、さらにパフォーマンスの高いサービスへ

ゲーム向けプラットフォームを中心に、高いパフォーマンスが求め られるサービスにAX シリーズは導入されていきました。
導入規模は次第に大きくなり、現在リンクでは冗長化構成で10セット以上、 20台を超えるAX シリーズが稼働しています。特にL4 ロードバラン シングにおけるスループットの高さ、多数のコネクションが集中し た状態での安定性の高さ、従来のスイッチ製品では設定が難しかっ た複雑なルーティングも実現する柔軟性の高さに満足していると、 中島氏は言います。

「あるゲームではイベントのタイミングでコネクションが集中します が、CPU 負荷も安定しており安心して見ていられます。詳細なレポー トを取れるので、キャンペーンやサービス期間の終了間際などアク セスが集中した際の負荷状況を詳しくレポートできるのも助かりま すね。サービスのキャパシティプランニング(サイジング)に役立つ 情報を提供できるので、利用者からも好評です」

リンクでは現在、AX シリーズの利用範囲を広げ、より良いサービス づくりに活かそうという動きが高まっています。
そのひとつが仮想 化機能であるADP を使ったもので、仮想ファイアウォールとの連 携によりクラウドサービスに適したネットワーク機能の提供形態を 実現しようとしています。またサーバーの処理負荷を下げてサービ スのパフォーマンスを向上させるため、高度なL7 処理やSSL の処 理をロードバランサーにオフロードすることを検討しています。
そ の点においても2048 ビットのSSL 暗号に対応したSSL 高速化機 能や、複雑なL7 処理を行なうスクリプト言語aFleX を搭載するAX シリーズなら問題ありません。滝村氏はAXシリーズ、A10 ネットワー クスへの期待を次のように語ってくれました。

「aFlex をうまく使うことで、いまはサーバー側で対応しているよう な処理をAX シリーズで行なうようにすれば、さらにパフォーマン スの高いサービスを提供できるようになるはずです。aFlex は工夫 次第で色々なことができる可能性を秘めていると思うので、A10 ネットワークスさんからの情報提供や、開発者同士で情報交換でき る場が増えていくと嬉しいですね」

ネットワーク構成図

ネットワーク構成図

AX シリーズについて

A10 ネットワークスのAX シリーズは、業界最高のプライスパフォーマンスを提供する次世代のアプリケーションネットワーキングプラットフォームです。 ハイパフォーマンスで拡張性の高いWeb アプリケーションデリバリーサービスを構成し、アプリケーションの可用性を最大化することによって企業やISP のビジネスをサポートします。 AX の Advanced Core Operating System(ACOS)アーキテクチャは、Scalable Symmetrical Multi-Processing (SSMP)テクノロジを搭載する革新的なOS であり、数々の賞を受賞しています。 設計段階から最適化されたマルチCPU アーキテクチャを持つACOS は、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れています。 詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
http://www.a10networks.co.jp/

ダウンロード

こちらより本事例の資料がダウンロード可能です。
PDFをダウンロードする

関連製品

アプリケーション配信 AXシリーズ

AXシリーズは、パフォーマンス、拡張性、信頼性において他社製品よりはるかに優れている製品で、規模やシステムに合わせて、豊富なモデルからお選びいただけます。

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について

A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキングおよびセキュリティ分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。お客様のデータセンターにおいて、アプリケーションとネットワークを高速化し可用性と安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。

A10ネットワークス株式会社はA10 Networksの日本子会社であり、お客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。

詳しくはホームページをご覧ください。

URL:http://www.a10networks.co.jp/

Facebook:http://www.facebook.com/A10networksjapan

A10 Networks、A10 Harmony、A10ロゴ、A10 Lightning、A10 Thunder、aCloud、ACOS、ACOS Policy Engine、Affinity、aFleX、aFlow、aGalaxy、aVCS、aXAPI、IDaccess、IDsentrie、IP-to-ID、SSL Insight、Thunder、Thunder TPS、UASG、および vThunderは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称はそれら各社の商標です。

お問合わせ

A10 ネットワークス
ビジネス開発本部 マーケティング部
03-5777-1995
jinfo@a10networks.com

このエントリーをはてなブックマークに追加